引越し業者を賢く選ぶ方法

引越し・各種手続き方法

引越しの際の電話や電気、ガス、水道の各手続きについて紹介したいと思います。まず、引越しをする場合には、電話番号が変わりますから引越しが決まった時点で116に電話をかけて新しい番号への変更手続きなどを行います。電気ですが、引越しをする10日から1週間くらい前に連絡をします。引越し先では、リミッターに取り付けがあると思われる申込書がありますからそちらに必要事項を記入して投函します。

引越しの手続きのガスですが、引越しをするということは引越しをする10日から1週間くらい前までに連絡をして起きます。そして引越し先には引越しをする2?3日くらい前に引越し先の管轄エリアのガスサービスショップに連絡をしておくと、引越し当日に係員が着ますから検針してからガスを使うことが出来るようになります。引越しの水道の手続きですが、引越しをする大チア2?3日前に引越しをすることを連絡しておきます。そして引越し先には引越しをしてから連絡をします。これらが主な引越しの手続きですが引越しのこれらの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には賃貸不動産物件によっては手続きが不要で、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし色々です。また、新築物件などに引越しをする場合にはこれらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますからそちらは各自確認してみるといいでしょう。

引越しの荷造りをスムーズに進める方法

引越しの荷造りについて紹介したいと思います。引越しの荷造りをする場合には梱包に気をつけましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々なポイントがそれぞれのものによってありますから、少し紹介したいと思います。例えば食器などの割れ物の梱包の場合に、引越し業者と一緒に行う場合には割れ物は出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますから割れない梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら出来ると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら古新聞で包むといいですね。

引越しの荷造りで手持ちにしたほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったときに取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で手で持って行ったほうがいいと思います。例えば高い宝石や預金通帳、実印や株券、現金やキャッシュカード、不動産関係の書類などは手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。引越しの荷造りはできるだけ何がどこに入っているのかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのがスムーズに運べるコツですね。

荷造りのポイント

引越しの荷造りのポイントについて紹介したいと思います。まずは引越しといえばダンボールですが、ダンボールは組み立てるときに、中にいれる荷物が思いと底が抜けてはいけませんから、四辺を互い違いにしてはめるという組み立て方は避けたほうがいいと思います。底の部分にもテープを止めてサイドもテープでしっかり止めておくことで引越しの荷物を入れても底が抜けないと思います。引越しの荷造りをする場合には順番があります。引越しのギリギリまで使っているような日用品は一番最後に荷造りすればいいですし、引越し先でも一番にあけられるようにしておきましょう。引越しの荷造りをする場合には今着ていない洋服や寝具、使ってないものから順番に梱包していきましょう。そして引越しの荷造りのダンボールには、その箱に何が入っているのかということを書いておくと荷解きの際に便利ですし、あと、どこの部屋に運ぶのかも記載しておきましょう。引越しがスムーズに進みます。

重たいものは小さ目の箱に入れるように心がけましょう。重たいものを大きな箱に入れると運ぶのが大変ですから、小さ目の箱に入れて運ぶのがいいと思います。またコードが着いているようなものはコードをテープで止めるなどしてまとめておくと引越しの荷ほど機の際もスムーズに進むと思います。

引越しの荷物の仕分方法

引越しの荷物は極力減らすのがいいですね。引越しというのは荷物を整理するいい機会でもあります。引越しの荷物を荷造りする前に、引越しの荷物のある程度の仕分をあらかじめしておくことで引越しの荷造りはスムーズになります。例えば、洋服をまずは仕分しましょう。最近きていない洋服、もう着ない洋服などを仕分することで引越しの洋服の準備の下準備になります。

そして引越しの準備をしている段階で不用品が出てきた場合には、不用品をどうするのか考えましょう。例えばリサイクルショップにもって行くのか、大型ゴミとして処分してもらうのか、不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば荷造りの時になってあわてなくてすむと思います。電化製品などの場合には、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く家電、もって行かない家電などの仕分も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくとスムーズに引越しの荷造りをすることが出来てかなり荷造りもはかどると思いますから、引越しの日がきまったら、できればすぐにでも、ある程度の荷物の仕分に入るといいと思います。

引越しの際に荷物の破損や紛失で困ったら

引越しの荷物の破損や紛失について紹介したと思います。引越しの時によくあるトラブルとして、荷物が破損していたり、紛失しているということはよくあるといわれています。引越しのスタッフも配慮をしながら引越しの作業を行っているので、引越しのスタッフからしても、引越しの際におきる破損や紛失のトラブルは必ず防ぎたいと思っているはずです。引越し業者とトラブルにならないためにも事前にちゃんとチェックしておくことと、トラブルが起きた場合についてのことを引越し業者に聞いておくということは大切だと思います。

例えば家具や割れ物に傷がついているかあらかじめチェックしておきましょう。家具などを運ぶ場合にも、立ち会っておくと安心です。また、引越し先が新しい家の場合には、引越しの前に傷を確認しておいて、傷が初めからあるところは最初からチェックしておきましょう。そして荷物や家具が運び込まれて傷や破損を見つけた場合にはその場で引越し業者に言ったほうがいいですね。引越しの際についてしまった傷や破損で引越し業者側に原因があった場合には1年以内だったら保証してもらえるようです。引越しの荷物のトラブルはよくあるトラブルのようですから、少しでもトラブルを減らすためにも事前チェックが必要です。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。